ホーム・スイート・ホーム

uhsh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 06日

レッド・ハウス

イギリス好きです。
パンク文化の国だからか、それとも前世でイギリス人だったか。とにかくテレビでイギリスの番組なんかがあると絶対みます。今年のオリンピックはロンドンなので、楽しいロンドンロンドン〜♪
はじめてイギリスを訪れたのは学生時代ですからかなり昔になりますが、しっとりした風土が妙に肌に合いました。そんなわけで学生のころから、ラファエル前派好き、アーツアンドクラフツ好き、ケルト好きです。アーツアンドクラフツ運動のウイリアム・モリスのレッド・ハウスもそんなわけで存在は知っておりましたが、十年ほど前ひとりでイギリスに旅行にいった際、日本から予約をし、訪問しました。しかしながら内部写真は禁じられておりましたので、このページの写真は借りたものがほとんどです。

これは裏庭からのレッドハウス。
レッドハウスたる所以は赤いレンガですね。
レッドハウスはそもそもラファエル前派の”運命の女”ことジェインとモリスが結婚した際、友人のフィリップ・ウェッブに設計してもらったとのことです。
d0264719_1424820.jpg


もう訪問したのが十年前になるので、記憶も曖昧ですが、ステンドグラスの見事さは覚えております。ステンドグラスのデザインもモリスです。
d0264719_14244247.jpg

d0264719_1425473.jpg


ホールのベンチ。
d0264719_14252611.jpg


これはダイニングルームのドレッサー。ウェッブのデザインだそう。
d0264719_14254488.jpg

写真にはないのですが、おお、とびっくりしたのはベッドルームだったか書斎だったか曖昧なのですが、壁紙が細かい、例の文様びっしりで、カーテンもおなじく草花の文様びっしり、というやたらとくどい組み合わせでしたが、どういうわけかしっくりきました。ケルト文様に影響されていてとっても素敵でした。
モリスはデザインは細部に宿る、という考えでしたが、大量生産のものを嫌い、手作業をあくまで支持しました。細かい文様の壁紙は有名ですが、いつかモリス商会の壁紙を使ったインテリアなどしてみたいものです。
d0264719_14405215.jpg


しかしながら、このレッドハウス、ロンドンからすこし離れているため、モリスの妻ジェインが孤独ゆえノイローゼになり、五年ほどで転居したとか。
いまでもこのレッドハウスは訪問可能です。いまではガイドツアー以外は予約なしでも大丈夫だとか。水~日まで11:00~17:00だそうです。
d0264719_14413260.jpg



よろしければポチっとよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by u-hsh | 2012-07-06 14:43 | 建築


<< 東京国立博物館      「火山のふもとで」を読んで >>